タクシーからハイヤー転職をする前に役立つ経験談

main-img

タクシードライバーからハイヤーに転職する場合でも、専門の訓練が必要です。

同じような業務でも乗せる客層が違うので勉強会といわれる研修に参加する必要があるでしょう。

他業種からならさらに研修が長くなることになるでしょう。

タクシーでの経験ももちろん役に立つでしょうが、よりキメ細かいホテルマンのような心遣いのサービスと業務上はもちろんプライベートの秘密を漏らさないことが大事になってくるでしょう。

ハイヤーに転職してもすぐに専属を任される事はないでしょうし、タクシー同様、単発の仕事を回されるでしょう。勤務体系は、早朝の業務・深夜までの業務・週末の業務をランダムに会社から指示される勤務になります。

ハイヤーの転職のための情報を提供するサイトです。

営業所の仮眠施設を利用しながら数日間帰宅できないことも普通にあります。


自分の時間を優先させるとさっぱり稼げないことになります。

ほとんどのハイヤー会社は固定給+歩合制だと思います。



ただタクシーとは違い乗客を自分で探してくることはできません。
会社から与えられた単発の仕事を着実にこなせて、お客様に気に入られると仕事量が大幅に変わります。



いわゆるお抱え運転手になると日勤になれば毎日帰宅できますし顧客は、ほとんど大企業なので週末はお休みです。


もちろん担当する顧客によって忙しさは変わりことになるでしょう。


ゴルフ接待などの週末勤務もありますが、同じ顧客なら先のスケジュールが判っているので安心です。

タクシーより稼げるなどの甘い言葉を鵜呑みにせずにしっかり情報収集をしましょう。この経験談も転職活動に役立てていただくと幸いです。

ハイヤー求人の専門知識

subpage01

ハイヤーへ転職する際には、一見同じ運転手の仕事から転職する方が有利と考えられるものですが、実際には要求されるスキルが異なることがあるため、必ずしも有利とは言えないものです。それは仕事に要求される取り組み方が大きく異なるため、ハイヤーの仕事の場合には非常に仕事が難しく感じてしまうことが多いためです。...

more

ハイヤー求人の納得の真実

subpage02

車を運転することが好きで、さらに人と接する事が好きな方は、ハイヤー転職を検討してみてはいかがでしょうか。特にタクシー経験者におすすめの仕事です。...

more

これからのハイヤー求人

subpage03

ハイヤーは、タクシーと違って完全予約制です。待ち受けの営業スタイルで果たして給料はどうなのか?これはハイヤー業界な転職を試みようとする応募者の疑問だと思います。...

more

ハイヤー求人関係の情報

subpage04

突出して労働人口の多かった団塊の世代がサラリーマンの第一線から引退して5年以上経過した今日、早期優遇退職やリストラされた中高年の受け皿であったハイヤーの運転手採用にも人手不足の波が押し寄せてきています。かつては、バブル崩壊後の電機メーカーのエンジニアや外資に転職して国内の電機メーカーに戻れない社員の再就職先として優秀な人材がいくらでも採用できたハイヤー業界ですが、リーマンショック後のタクシーのワーキングプアのイメージがどうしても付きまとってしまっています。...

more