ハイヤーへ運転手への転職について

subpage01

ハイヤーは、タクシーと違って完全予約制です。

ハイヤーの転職関連のノウハウを解説します。

待ち受けの営業スタイルで果たして給料はどうなのか?これはハイヤー業界な転職を試みようとする応募者の疑問だと思います。


確かにタクシーは道を流しているので、たくさん稼いでいるかの印象がありますが、そうとは限りません。

タクシーに比べて、ハイヤーは高級ブランドという印象を持つお客様は多く、また、そういった期待感も大きいものです。
接客の中でも丁寧さが求められる仕事。接客を極めたい方には絶好のチャンスです。



それだけにハイヤーはお客様への丁寧なサービスが求められます。


ですので、多少割高になってもサービスがよいハイヤー利用を望むお客様が多いのです。
それでは転職は難しいのでしょうか?決してそんなことはありません。これまでの社会人として学んだ礼儀正しさが十分活かされる仕事で、常識力のある人が求められます。


つまり、普通のきちんとした人ならば、応募資格としては十分なのです。会社によっては履歴書不要なところもあります。


人物評価そのものが選考基準なので、気軽に応募できます。



二種免許を持っていない方でも、会社が免許取得費用を負担してくれる場合がほとんどなので、教育にも力を入れていて安心できます。


礼儀正しさという点では、性差による差別がないので、女性の応募も歓迎されます。
英語、中国語の特技がある人は有利ですので、ぜひこの業界に転職したいのだということをアピールしましょう。