ハイヤー乗務員の採用は昔と異なります

subpage01

突出して労働人口の多かった団塊の世代がサラリーマンの第一線から引退して5年以上経過した今日、早期優遇退職やリストラされた中高年の受け皿であったハイヤーの運転手採用にも人手不足の波が押し寄せてきています。

口コミ評判の高いハイヤーの採用を手軽に利用してみませんか?

かつては、バブル崩壊後の電機メーカーのエンジニアや外資に転職して国内の電機メーカーに戻れない社員の再就職先として優秀な人材がいくらでも採用できたハイヤー業界ですが、リーマンショック後のタクシーのワーキングプアのイメージがどうしても付きまとってしまっています。しかしハイヤー業界はタクシー業界とは異なり、顧客の要請を受けて顧客と契約関係を結んで顧客の要望に沿って自動車に依頼主を乗せて運行するビジネスですから、どちらかといえば社用車の運転手に類似したビジネスと言えます。
異なるのは働く側として考えて見ると、タクシーの運転手は日々の売り上げに応じた出来高制の賃金体系を取っているのに対して、ハイヤーの運転手は固定給制を採用していることです。

無論、残業等が発生すれば手当が支給されます。そのような意味でも収入面ではハイヤーの運転手のほうが安定していると言えます。このように考えるとタクシー運転手の採用には、二種免許のサポート等が全面に出ていますのでこれに準じた採用の段階のメリットを前面に出すのみならず、給与面や安定性を強くアピールすることによって優秀な人材を集めることは十分可能であると判断できます。



何故なら企業が存続する限り、この業界は必要とされるからです。